蔵ある町並み_fig001.gif蔵ある町並み_fig002.gif

「古民家」といえば風格が感じられ、夏になればさわやかな風が心安らげる心地よさ。
 冬になれば雪見障子から眺める庭園に酔いしれ、囲炉裏の周りで家族そろって餅を焼き
 ながらワイワイ・ガヤガヤ、ふと立ち止まってみたくなりませんか。
ゆったりした気分になりますね。そんなオーラのようなものを発していると思うのです。なつかし思い出ですね。ではなかなか見かけなくなったそんな囲炉裏の姿。部屋全体をほんわり包まれるような暖かさを最近では、地球環境にやさしい電気蓄熱暖房機が普及しており好評です。「蔵」といえば人が物を蓄える建物でありました。「しっくい」や「なまこ壁」で塗り
固められた厚い土壁が特長ですがこれには大切な財産を火災・盗難から守るだけでなく、
一年中四季を通じて、内部の温度や湿度を良い状態に保つという特性があります。
「蔵のある家」はどことなく風格が感じられ「蔵」そのものには人の目を引く存在感が
あります。しかし、現状は手入れをされないまま放置され、一歩間違えれば物置小屋、
もしかしたら邪魔者扱いされているかもしれませんね。かつては強固な砦として重宝されてきた「蔵」も時の流れにはかなわないのです。労をねぎらういたわりが必要でしょう。そして近年「蔵」の存在が見直されていることをご存知でしょうか。本来の目的を離れ個性的なギャラリーやアトリエとして利用されたり、洒落たカフェ・レストラン、こだわりのホームバー・音楽スタジオとして新たな息吹を吹き込まれたりして活用されております。長年の風雨に耐えてきたお宅の「古民家」「蔵」にどうぞ新しい命を吹き込んで上げてください。【古民家 蔵のある町並み】いいですね。もう一度古来伝統民家の生活をしてみたいと思いませんか。私たちと一緒に夢を・・・素敵ですね。